診療案内 Medicalinfo

インプラント Dentures

mediacal-image3.jpg

インプラント療法

インプラント治療は人工の歯根を顎骨に埋め込み、骨とその人工歯根が直接結合した後(通常3~6か月)に歯冠を接続させるという治療法です(イラスト)。簡単な手術が必要ですが、天然の歯と同じ様な感覚で快適に噛むことができます。

当院のインプラント実績

    

2023年 122本/75名 2022年 129本/89名 2021年 128本/73名
2020年 136本/87名 2019年 136本/87名 2018年 86本/52名
2017年 111本/62名 2016年 141本/63名 2015年 101本/62名
2014年 76本/44名 2013年 86本/45名 2012年 96本/51名
2011年 112本/60名 2010年 139本/75名 2009年 119本/45名
2008年 135本/62名 2007年 145本/50名

よくあるご質問

【インプラント治療に年齢制限はありますか?】
骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。

 

【インプラント手術は痛いですか?】
口の中だけの局所麻酔をするので、手術中痛みはありません。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くないわけではありません。手術後に痛みや腫れが出る場合がありますが、通常はすぐに治まります。

 

【手術後のお口のお手入れはしなくて良いのですか?】
インプラントの寿命はお口の手入れの仕方で決まります。歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)を必要とすることもあります。担当医や衛生士からお口のお手入れ方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけてください。
必ず定期検診を受け、担当医からチェックと指導をしてもらうことが大切です。

 

【治療期間はどのくらいかかりますか?】
2回法の場合、顎の骨に埋め込んだインプラントが周囲の骨と結合するのに、個人差はありますが、上顎で約6ヶ月、下顎で約4ヶ月かかります。骨とインプラントが結合した後、頭だしの手術を行い、治癒を待つのに約4週間。
その後、上に歯を入れるための期間が約2週間かかります。

 

【インプラント手術のために、入院する必要はありますか?】
インプラントを埋め込む手術は麻酔を使いますが、入院の必要はありませんし、手術当日にご帰宅いただけます。

 

【以前の自分の歯と同じように噛めますか?】
入れ歯が粘膜に支えられているのに対して、インプラントは顎の骨に支えられています。このため入れ歯につきもののガタつきもないので、入れ歯よりもしっかりと噛めるようになり、見た目も美しくなります。

 

【インプラントはどのくらいもちますか?】
インプラント自体はチタン製なので半永久的に機能します。しかし、お手入れがしっかりできていないと天然の歯同様に歯槽膿漏のような状態になり、インプラント周囲の骨がやせてきてグラグラ動いてしまいます。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のきちんとしたお手入れが欠かせません。

治療前のご不安やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

休診/木曜日・日曜日・祝祭日

電話する

お問い合わせ

WEB予約