診療案内 Medicalinfo

矯正 Orthodontics

mediacal-image4.jpg

矯正歯科

歯の病気(むし歯、歯周病、顎関節症)はかみ合わせ(咬合)の悪さから生じております。正しい咬合(顎の位置)をして いれば、歯そのものを失うことはありません。そこで、矯正治療が必要となってくるのです。矯正治療で正しい咬合(顎の位置)をつくれば、歯はいつも健康な状態にすること ができます。単に局部的な歯の治療を繰り返すのではなく、これからは顎の位置をしっかりと調べて、正しい咬合(顎の位置)にすることが重要です。
当院では健康な小臼歯を抜いて矯正する事はありません。

「ワイヤー矯正」の症例人数

2023年 38人 2022年 36人 2021年 31人
2020年 37人 2019年 27人 2018年 35人
2017年 37人 2016年 31人 2015年 36人
2014年 29人 2013年 32人 2012年 33人
2011年 30人 2010年 33人 2009年 33人
2008年 39人 2007年 51人 2006年 32人
2005年 31人 2004年 14人 2003年 19人
2002年 22人

よくあるご質問

【なぜ矯正治療が必要なのでしょうか?】
ほとんどの歯の病気は顎の位置の悪さから生じています。顎の位置を悪いままにしておくと、 局部的な歯の治療をどんなにしても、完全に治すことはできません。再びどこかが悪くなって歯医者さんに通院しなければなりません。そんなことの繰り返しになってしまいます。
健康な歯には、正しい歯並びと顎の位置が必要です。例えば、傾いた建物のつっかい棒にかかる負担を解消することはできません。同じように、歯並びや顎の位置の悪い人は、矯正治療を行い根元から治療しなければならないのです。これまでの矯正治療は、見た目をキレイにする美容的なものと誤解されていました。しかし、矯正治療こそが歯科医療にとって最も大切なものなのです。
正しい歯並びと顎の位置になれば、歯石や歯垢がたまりにくくなります。奥歯でしっかりものをかむこともできます。このように、正しい歯並びや顎の位置をつくることは、歯の健康だけでなく、カラダ全体の健康づくりにもつながるのです。

 

【矯正治療では歯を抜くのでしょうか?】
従来の治療は小臼歯という犬歯の後ろの歯をよく抜歯していましたが、このやり方では正しい顎の位置の矯正治療は行いにくいのです。豊田歯科では下顎において親知らず、上顎においては、親知らずか、あるいは第2大臼歯(親知らずが深い位置にある時)抜歯を行います。これは顎関節に近い位置の歯を抜歯することによって、顎関節症への影響を少しでもとりのぞき、正しい顎の位置を矯正するために必要な治療なのです。尚、親知らずがもともとない人は矯正治療において抜歯する必要はありません。
また、当院では健康な小臼歯を便宜的に抜くことはありません。

 

【治療は何歳頃から始めるとよいのでしょうか?】
よく「矯正治療は柔軟性のある子供の頃でないとダメ。」などという話を耳にしますが、今の矯正治療に年齢の制限はありません。「子供の頃でないと手遅れ」とおっしゃっている方々は、矯正治療イコール歯並びをよく見えるようにするものカン違いしておられるのでしょう。 矯正治療とは、歯並びや顎の位置を正しい位置に導き機能的にすぐれた咬合を完成させる歯の総合治療なのです。
顎の関節は大変デリケートです。顎が正しい位置からズレることによって「歯並びが悪い」「顎の位置がズレル」「かみごたえが悪い」「口が開きにくい」 「顎をあけると音がする」などの症状が生じます。だから、顎を正しい位置に導きながら、同時に歯並びと顎の位置を矯正しなければなりません。したがって、 顎に自由な(正しい)運動を与えることによってのみ、正しい歯並びと顎の位置が実現するのです。もちろん、子供の頃から治療することは良いことですが、 大人になっても顎を正しい位置に治すことには変わりありません。だから、矯正治療は何歳であっても、治療すること自体が大切なのです。そして、本人の 協力が大変重要なのです。

 

【顎関節症とはどんな病気のことでしょうか?】
顎関節症とは、口が思うようにあかなかったりあける時にポキッ音がしたり、口があいていてもずれてあくような症状のことです。
もっとひどくなると炎症をおこして痛みもでてきます。また、一般的には不定愁訴といわれる自律神経等の失調、頭痛、肩こり、腰痛、精神不安、手足のしびれといったものも時として、顎関節症と関係しています。つまりこれらの多くは顎の位置の不良、かみ合わせの不良から起こっています。したがって矯正治療 を行うことによって、正しい顎の位置とかみ合わせを完成すれば顎関節症の症状がよくなってきます。そして治療の為には、顎関節症の機能的診断を行うことが不可欠です。

 

【矯正治療の期間はどのくらいかかるでしょうか?】
矯正治療の期間は、子供(前歯部の部分矯正)も大人(全顎矯正)も初診からほぼ1年間です。従来の矯正治療法では、2、3年もかかるケースがありましたが、技術の進歩と最新機器の導入により、治療機関の大幅な短縮が可能になりました。

 

【矯正治療には、どんな装置を使うのでしょうか?】
豊田歯科では、CADIAX(コンピューター・アキシオグラフ)と呼ばれる機能咬合解析支援システムを導入しています。このシステムは、歯科医学を全身の健康との関わりの中で理解する、歯科医療先進国のオーストリアから取り寄せたものです。
従来の矯正治療では、漠然としたデータしか得ることができませんでしたが、このシステムでは下顎の開閉運動、前進後退運動、左右側方運動、発音、歯ぎしりなど、約15分で20種類の運動パターンが記録でき、歯並びやかみ合わせ、顎の位置などを科学的にきめこまかくチェックすることができます。また、矯正を行うハリガネも従来のようなプレーンなものでなく、ハリガネを渦巻き状に曲げバネの作用を利用した、より矯正効果を発揮する矯正装置MEAW(マルチループエッジワイズ アーチワイヤー)を使用しています。
また、この装置がつくとさぞかし痛いだろうと思いがちですが、実際は弱い力で少しずつ動かしていくので痛みや不快感は想像するほどではありません。このように豊田歯科では、これまでのように手先の技術だけにたよる矯正治療ではなく、最新機器を駆使した科学的な矯正治療を行っています。

 

【デーモンシステムの矯正治療は痛いのですか?】
矯正治療前にはなかった違和感や若干痛みを伴うことがあります。デーモンシステムでの治療では、従来の器具に比べこの違和感や痛みが大幅に緩和されることが期待できます。

 

【デーモンシステムの矯正治療はどのくらいの間隔で通院するのですか?】
症状にもよりますが、概ね1ヶ月ごととなることが多いようです。デーモンシステムでは初期の通院間隔は、およそ2~3ヶ月ごとの通院が可能です。ワイヤー矯正中の通院回数も、ほとんどの症例で10回前後です。

 

【デーモンシステムの矯正治療で抜歯はするのですか?】
矯正歯科治療において必ずしも抜歯となるということではありませんが、やむを得ず抜歯が必要という事があります。そんな時でも、デーモンシステムなら矯正歯科治療での抜歯の可能性が半減することになるでしょう。いずれにしてもデーモンシステムによるメリットは生かされますので、当院スタッフ・先生にご相談ください。

治療前のご不安やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

休診/木曜日・日曜日・祝祭日

電話する

お問い合わせ

WEB予約